​倫理綱領

前文

利用者の尊厳を守り、豊かな人生を自己実現できるように支援することが、私たちの責務です。そのため、私たちは支援者のひとりとして、確固たる倫理観をもって、その専門的役割を自覚し、自らの使命を果たすため、ここに倫理綱領を定めます。

  1. 生命の尊厳
    私たちは、利用者一人ひとりを、かけがえのない存在として大切にします。

  2. 個人の尊厳
    私たちは、利用者一人ひとりの個性・主体性・可能性を理解し、利用者自身の選択と決定を尊重します。

  3. 人権の擁護
    私たちは、利用者に対する、いかなる差別・虐待・人権侵害も許さず、人としての権利を擁護します。

  4. 社会への参加
    私たちは、利用者が地域の中で役割を担いつつ、自立的かつ自分らしい生活が送れるように支援します。

  5. 専門性への責任
    私たちは、自分自身の知識や技術の限界を認識し、謙虚な姿勢で業務に臨み、絶えず研鑽を重ね、専門性を高めます。

  6. 地域社会への貢献
    私たちは、福祉の担い手として、もてる機能を活用し、地域社会へ貢献するよう努めます。